外国為替取引
確実に安定的な収入が得られる
外国為替取引とは? よく、ニュース等で「円高とか、円を売ったりドルを買ったり」という言葉を耳にする場合があると思いますが。その円を売ったりドルを買ったりする取引のことです。
かつて日本では、外国為替取引は証券会社や銀行のみしかできませんでしたが、1998年に自由化されて、その他の一般人でも外国為替取引ができるようになりました。
外国為替取引は儲かるのか プロは儲かっています。証券会社等ではその専門家がいます。
証券会社では、お客様の証券取引の仲介等も業務にしているのですが、自ら証券を売買したり、ドルやユーロを売り買いする自己取引業務も事業の中核になっているのです。
かつて、ドル円相場で1ドル80円にまでなった時がありましたが、そのときに証券会社では莫大な利益を会社にもたらした人がいました。その方はその件で、一気に出世したそうです。世間では輸出関連企業が1ドル80円で四苦八苦しているときに、裏で莫大な利益をあげてほくそえんでいたのです。

外国為替取引の危険(リスク)や利点を株取引や銀行預金と比較参照して教えてください
銀行預金 株取引 外国為替取引
倒産のリスク 預け先の銀行が倒産しても普通預金なら1千万円までは保護される。ただ、外貨預金は保護されない。 株を発行している企業が倒産したら、まる損。でも、仲介している証券会社が倒産しても保護される。 仲介している証券会社、銀行等が倒産した場合、保護されない。
相場変動のリスク 預金は利率があらかじめ決まっている。相場変動のリスクは無い。 変動が大きい。予想外の変動の可能性がある。場合によっては株価がゼロになることもある。 変動が大きい。でも、それは予想の範囲内。ドル円の場合はここ10年でも、80円〜150円程度の範囲内に納まっている。ドル円がゼロになることはない。
相場変動を予想できるか 預金は利率があらかじめ決まっているため、相場変動を完全に予想できる。 企業の内部情報を知っている者ならまだしも、一般人にはその情報が得にくく、予想しがたい。情報を持っている者と持っていない者との間に不公平が生じやすい。 為替相場は、国家間の財政、金利変動、貿易統計、事件によって左右される。これらの情報は完全に公開されており、一部の者にだけ知らされるということは無い。情報を持っている者と持っていない者との間の不公平なんていうことはない。相場変動の幅とか具体的なところまでは予想できないものの相場変動の流れをある程度予想できる。
外国為替でどういう人が儲かってどういう人が損しているるのか?  
外国為替取引で得する人 外国為替取引で損する人
(1)銀行、証券会社等の外国為替取引のプロ
(2)一般の人でも外国為替取引を研究、情報収集に猛るなどしている外国為替取引のプロ

(1)輸出入関連業者
(2)外国製品購入者などの企業、一般消費者、旅行者
(3)一般の人でも外国為替取引をしているアマチュア、初心者
外国為替取引で儲けるにはどうしたらよいのか? 外国為替取引の研究、情報収集が必要です。
変動している外国為替相場も実はむやみやたらに変動しているわけではなく、変動の理由があるのです。
プロはいつ相場が変動するのかをわかっているのです。
確かに100%その変動が分かるわけではないのですが、ある程度分かっていうのです。利益を上げられるにはいつ売っていつ買えばよいのか分かっているのです。

あなたが今、むやにやたらに外国為替取引に手を出しても、最初は偶然儲けるかもしれませんが、長く続けているといずれは痛い目にあいます。
ある情報では
素人が手を出しても平均して、数パーセント損をしているとのことです。


なお、当社(日本経営革新研究所)では、かような
外国為替取引の研究、情報収集をしている
ため、いつ買っていつ売れば儲かるのかを熟知しています。当社では最も安全な売買方法を考案いたしました。
もし、あなたが外国為替取引で儲けたいのならば、当社のコンサルティングを受けられることをお奨めいたします。
経営革新研究所でコンサルティングを受けると月にどれくらい儲けることができるのですか? 当社で開発いたしました最も安全な売買方法では、過去5年間のデータをあてはめて計算したところ月に5%〜50%です。
平均すると18%となります。
100万円の出資で月18万円程度儲かる計算になります。
当社のコンサルティング料金は月1万円(最も安価なコース:情報提供のみのコース)ですので、100万円の出資で平均月17万円程度儲けることができます。

-
トップページ
Copyright(c)2003 JML Co,LTD All rights reserved